ビットフライヤー なぜ人気? その 通販情報

ビットフライヤー なぜ人気? その 通販について

ビットフライヤー なぜ人気? その 通販についての
情報について調べています。

ビットフライヤーは、国内初の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所(取引所)として2014年4月にサービスを開始致しました。

ビットコイン(Bitcoin)をより多くの人にお届けすることを目指し、ビットコイン(Bitcoin)の購入、売却を簡単にできるシステムに加え、 クラウドファンディング(fundFlyer)や仮想通貨に関する情報メディア(BTC News)も提供しています。

さらに1秒でビットコイン送付ができるbitWireや事業者向けEコマース決済サービスなど、 ビットコイン(bitcoin)の総合プラットフォームとして万全のセキュリティによる安全な取引を実現しています。


ビットフライヤーが人気のポイント

  • 今話題の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)が購入できる
  • 資本金8億3979万円(資本準備金含)と国内最大
  • 24時間(土日も)取引可能
  • 大きく値上がりする可能性がある
  • 送金手数料がほぼ無料
  • 個人間で直接送金が可能
  • プロ向けのbitFlyer Lightningも利用可能!


ビットフライヤーは、仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。
チャートで相場確認も可能。
ビットフライヤーは、ビットコインに関するあらゆる 取引をサポートしております。



5

ビットフライヤーの取引は体験者の声で証明!(口コミはコチラ)
ビットフライヤーは、ビットコインに関するあらゆる 取引をサポートしております!
ビットフライヤーは、年齢を問わず実感報告あり!
ビットフライヤーの特長はコチラ

このページではビットフライヤー 評判について、 公式サイト以外に、ネット、雑誌、ブログ、テレビ、チラシなど様々な視点から独自に調べた情報を公正分析して掲載していきます。

このページのtopに戻る

ビットフライヤー なぜ人気? その 販売サイトへ

ビットフライヤーの特長

【ビットコインとは?】
ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。
まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。
円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。
「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー)
と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。
大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

6

特定のゲームや Web サイト内でのみ使える仮想通貨は、企業単位で作られており、利用者を囲い込むことによって
仮想通貨の運営主体(=ゲームや Web サイトの運営会社)が利益を上げることを目標としています。

一方のビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた
仮想通貨なのです。ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。
仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、
物の売買が実現できるようにつくられています。

まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨
めざして作られた仮想通貨なのです。


【ビットコインを使うメリット】
国家や企業が関与していないので、例えば個人間の送金においては、次のようなメリットが存在します。

  • 個人間で文字通り「直接」送金できる
  • 手数料が無料か格安
  • 監視や制限が存在しない

●ビットコインはどこに保存されているのか?
ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。
これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものです。

7

ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、そこにビットコインを保存し、決済に利用します。
つまり、ビットコインを使いたい人は全員、ウォレットを作成する必要があります。
個人に割り振られるメールアドレスのようなものです。実際には、長い文字列でウォレット ID が表現されます。
そのままでは覚えにくいため、個人間送金が難しくなります。
そこで、一般的には ID を短縮したコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、
交換します。


【ビットコインの仕組み】
●円やドルとの決定的な違い
円やドルと全く同じような通貨であれば、わざわざ新しい通貨を作る必要性はありません。
ビットコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。

最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。
ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。
円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。
この非常識な概念が、ビットコインの最大の特徴です。

●ビットコインは誰が管理しているの?
国家や企業が管理していない通貨と述べましたが、それでは一体誰がビットコインを発行し、
流通を管理しているのでしょうか。常識的に考えれば、誰も管理していない通貨など、
リスクの塊でしかありません。誰かが勝手に通貨を大量に発行してその通貨の大金持ちになる
ことができてしまえば、通貨の信用は失われます。そんな不安定な通貨は流通しませんし、
誰も価値を見出しません。

ビットコインは、中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して
通貨を管理する仕組みとなっています。ビットコインにおける新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、
そのすべてがコンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みです。

ビットコインで行われたすべての取引記録を記載した、1つの大きな取引台帳が存在しているとイメージしてください。

この可視化された記録のおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。
すべての記録は残りますが、その記録に個人情報は含まれません。
記録はあくまでも、ビットコインの流通の整合性を保証するために存在するのです。

1つの大きな取引台帳を特定の組織が管理していたら、これまでの通貨と同じです。ビットコインは、
特定の組織の元にではなく、分散されたコンピューターのネットワーク上にその1つの大きな取引台帳を
置くことで、中央管理を不要とする仕組みなのです。

取引の整合性を保証するための1つの大きな取引台帳なのに、そのデータが分散されてて保存されていたら、
取引記録に不整合が発生してしまいそうです。
しかし、ビットコインはこの解決策を生み出したために、今日に至る広がりをみせています。


この不思議で、つかみどころのない通貨『ビットコイン』の国内最大級の取引所
それが、ビットフライヤーです。
ビットコインに興味のある方は、是非一度、公式サイトをチェックしてみてください。


このページのtopに戻る

ビットフライヤーの口コミ

※現在、調査中です。


ビットフライヤー なぜ人気? その 販売サイトへ

このページでは、サイトの訪問者の方々が、安い価格、料金で 通販や申込みができるように、楽天などのお店の販売店を調べ 、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、 お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイ ントは?値引きは?返金、返品保証、保障は?などの情報を 紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CM などを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用 方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、 評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メ リット、 デメリットなど、ケースによっては、人気ランキング形式など で比較していきます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、 在庫あり、即納、正規、正規品かどうかYouTube、動画、NAVER まとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していき ます。

色々なカラーを試したい